ホーム > 学術研究会定期刊行物 > 研究叢書掲載論文一覧(Since 1988)

学術研究会定期刊行物

研究叢書掲載論文一覧(Since 1988)

issued by 兵庫県立大学政策科学研究所

≪ 研究叢書 発行状況(過去30年分) ≫


2016年


2012年
86 濱田 道夫編 情報化時代の文化の研究 2012.3
87 下中 和人 ソフト・インフォメ-ションの開示の法的課題 2012.12


2011年
別冊B-5 斎藤 清 地域比較のグラフィックス実践
II部 トランス脂肪酸
II部-東日本大震災
2011.7
85 西出 哲人 地方自治体の電子化に関する住民を媒介とした相互作用モデル 2011.12


2010年
84 友野 哲彦 環境保全と地域経済の数量分析 2010.10
83 Brian D. Bresnihan Possible Reliability Problems Affecting Use of TOEIC IP Test Scores 2010.8

別冊B-4 斎藤 清 スカイライン図・扇形散布図・三色三角バブルグラフの身近なデータへの適用実践-消費生活からXBRL財務データまで- 2010.9


2009年
別冊B-3 斎藤 清 経済・産業・企業の比率と規模のグラフィックス


2008年
82 西山 博幸 海外直接投資と国際経済
81 坂根  博 多様性の管理会計試論
   -社会多様性と経営の写影- 2008.3


2007年
80 田島 哲也 経済成長と金融経済 -インフレーション、金本位制度、金利に関する考察- 2007.5


2006年
75 田島哲也 経済政策の課題 -金融政策と財政の論点- 2006.1
76 SUENOBU Mineo  The Instruction Theory of the Origin of Language 2006
77 周防 節雄・古隅 弘樹  旧植民地に関する統計書誌情報データベースシステムの構築 2006.5
78 田島 哲也  経済成長の十分条件 -19世紀デフレと平成デフレの共通原因を探る- 2006.7
79 北野 正一  経済政策の基礎 -共同利益・協調と個別利益・競争との確執と止場- 2006.10
別冊Ⅱ 松本 敏民 有限オートマン特徴づけ問題 2006.11


2005年
72 中橋 國藏 経営戦略論の発展 2005.3
73 松田 陽子 オーストラリアの言語政策と多文化主義 -多文化共生社会に向けて-
74 菊本 義治 現代国際マクロ経済の研究 -貿易-不均衡、為替レート、経済政策の有効性 2005.10
別冊Ⅰ 植野 和文 生活行動と居住環境の形成に関する社会経済学的研究 2005.3


2004年
70 車井 浩子  回帰モデルにおける縮小推定量のリスク分析 2004.2
71 末延 岑生  ことばの元を探る -知恵と文字の仕込み 2004.3


2003年
68 SUENOBU Mineo Pathology of English Teaching in Japan 2003.3
69 周防 節雄・古隅 弘樹
   「統計資料解題」のディジタル化に関する技法とシステム構築 2003.3


2002年
66 西出 哲人 情報システム構築時の組織コーディネーション 2002.3
67 加藤 恵正 都市・地域経済の転換に係る経済地理学研究 2002.3
   -集積経済の再編と再生の方向-


2001年
64 保坂 直達・菊本 義治・藤崎 正敏・貝瀬 徹
  ヘッジファンズとデリバティブズ:国際的資本の研究 2001.2
65 陳 琦  米国地方政府会計システムの再構築 2001.9
           -アカウンタビリティ概念を基軸として-


2000年
63 石尾 賢二 イギリス土地信託法の基礎的考察  2000.7


1999年
59 石田 潤 文の読みやすさと文表現形式との関係 1999.3
-語順、統語構造、および代用形使用に関する検討-
60 Mineo Suenobu JAPANESE ENGLISH 1999. 3
61 赤井 伸郎 最適財政システムの経済分析 1999.8
62 保坂 直達 貨幣と金融 -市場経済の基本問題- 1999.9


1998年
58 南部 稔 香港の歴史と経済(上巻)二つのアヘン戦争
   -その屈辱と煩悶- 1998.12


1997年
57 松代 和郎 社会経済学序説 1997.2


1996年
53 齋藤 修 汚職防止の研究-国際反汚職大会報告を中心として- 1996. 3
54 森家 章雄・西川 祥子  環境問題の根本認識について 1996. 8
55 舟場 正富  Goverment and Regions in Japan 1996.11
56 棚田 真輔・鵤木 秀夫・松村 浩貴
   居留地外国人による神戸スポーツことはじめ考 1996.10


1995年
50 坂根 博 会計管理の基礎 1995. 1
51 真鍋 周三  トゥパック・アマルの反乱に関する研究 1995.11
           -その社会経済史的背景の考察-
52 末延 岑生  COMMUNICABILITY WITHIN ERRORS 1995.12
   -A Study of the Communicability of Japanese English-


1994年
46 棚田 眞輔 明治期における神戸の健脚競走に関する史的研究  1994. 1
47 保坂 直達 現代経済思潮とマクロ経済学の展開  1994. 1
48 能勢 哲也 公共サ-ビスの市場機構 1994. 1
49 安平 昭二 会計システム論研究序説 1994.12


1993年
43 SHOJI NOMA  JAPANESE THEATER -A HISTORICAL SURVEY- 1993. 2
44 TETSUYA NOSSE  AQUASI-MACRO-ECONOMIC ANALYSIS OF THE EFFECTIVE INCIDENCE OF PERSONAL TAXES 1993.8
45 風巻 義孝 商の原意-商品概念へのブリコラ-ジュ- 1993.12


1992年
41 加藤 詔士 英国メカニックス・インスティチュート資料研究 1992.12
42 高橋 秀直 日清戦争開戦課程の研究 1992.12


1991年
36 棚田 眞輔 兵庫県におけるア式蹴球の史的研究 1991. 3
37 三ツ井 光晴 現代商品開発論 1991. 3
38 小西 一彦 現代流通論の基本問題 1991. 6
39 生越 利昭 ジョン・ロック経済思想研究 1991. 6
40 田守 育啓 日本語オノマトペの研究 1991.12


1990年
34 R.F.Berwick TASK VARIATION AND REPAIR IN ENGLISH AS A FOREIGN 1990. 2
35 八木 秀夫 現代日本の家族システムと青年期 1990.11


1989年
32 MINEO SUENOBU  FROM ERROR TO INTELLIGIBILITY 1989. 2
33 斎藤  清 位相図解析と探索的データ処理・続編 1989. 8
   -XCAMPUS3の拡充機能と位相図予測-


1988年
30 北野 正一 資本制経済の安定性と不安定性 1988. 9
31 青沼 龍雄 階層数理計画プロセス論 1988.11